せかいろぐ

ほぼ自分用備忘録

JavaScriptだけでGoogle URL Shortener APIを使う

JavaScriptだけで手軽にURLの短縮(と展開)をします。


Google APIs Client Library for JavaScriptを使ってGoogle URL Shortener APIを叩きます。


まずAPIを使えるトコロまで。

  1. Google APIs Consoleで適当なAPI Projectを作成
  2. ServicesからURL Shortener APIをONにする
  3. API AccessからSimple API Accessキーを入手する


コードはこんなカンジになります。

// APIキーをセット
function setKey(){
	gapi.client.setApiKey("[ your api key ]");
}

// URLを短縮する
function insert(url){
	gapi.client.load("urlshortener", "v1", function(){
		gapi.client.urlshortener.url.insert({"resource": {"longUrl": url}}).execute(function(resp){
			alert("短縮されたURL: " + resp.id);
		});
	});
}

// URLを展開する
function get(url){
	gapi.client.load("urlshortener", "v1", function(){
		gapi.client.urlshortener.url.get({"shortUrl": url}).execute(function(resp){
			alert("展開されたURL: " + resp.longUrl);
		});
	});
}


あらかじめAPIキーをセットする関数(今回はsetKey)を定義しておき、Google APIs Client Libraryを呼ぶときonloadに指定してやると自動的に呼んでくれます。

<script src="https://apis.google.com/js/client.js?onload=setKey"></script>


コードの中にAPIキーをベタに書かなきゃいけないのであんまり良くないかも・・・?